利益を出せる店舗開発、お店を増やせる社長

店舗開発部員に求められる佳き姿勢

以前の記事で、
「店舗開発部員に、店舗の運営経験が必要な理由」
についてお話ししました。

 

これは、要約すると、

どんな立地、どんな場所にお店を出そうとも、
実際に利益を生み出すのはそのお店を運営する人たちであり、

運営する側の目線を持っていなければ、
その物件でどう利益を出すのか、適切な物件なのか、
判断することが難しくなってしまうから

ということです。

お店を本当に繁盛させられる物件を見つけるには、
ただ、データやマニュアルに沿って立地判定をするだけでなく、
しっかりとお店がオープンした後のことまで、
イメージできていることが重要であるという話でした。

 

 

これを、ざっくりと別の言葉で言い換えてしまえば、

店舗開発部員が、そのお店にどれくらい愛着があるのか

が、チェーンの行く末を左右するということなのです。

 

自社のお店の運営に、興味のない店舗開発者は、
ただマニュアル通りに物件を探すだけでしょう。

オープンした後のことなんか想像すらせず、
ただただ、物件情報を見て、データを取って、
一辺倒の立地調査しか、しないかもしれません。

そんな店舗開発部員が、ちゃんとした物件を
見つけてこられるものか、怪しいところですよね。

 

 

佳き店舗開発部員を育てる佳き社長の姿勢

しかしながら、そもそもの話ですが、
自社の成長に貢献してくれる素晴らしい店舗開発部員を育てるのは、
他でもない社長の仕事なのです。

 

どんな会社でも、最初は社長1人から始まります。
そして、どんなに大きなチェーンでも、
最初の1号店、2号店の開店という時代があったはずです。

そして、その最初の頃の店舗の立地選択を、
社長自らがおこなったチェーンだけが、今でも残っているのです。

業者やコンサルタントなど、他人任せにして一歩目を踏み出したチェーンは、
まったく長続きしません。皆ことごとく消えてしまっています。

 

立地判定なんて誰がしても同じ、と考える方が多いかもしれません。
素人の社長より、専門のコンサルタントがお店を探した方がいい、
という考え方をする人もいるでしょう。

しかし、それで成功するのは、ほんの一瞬です。

 

なぜならば、成功しても失敗しても、
その責任を取れるのは社長ただ一人だけ、だからです。

その責任を持っている社長が、一生懸命に立地のことを考える・・・・
これが、長く続いていくチェーンに、必ず共通することなのです。

 

 

 

専門家でも誰でも、社長と比べてしまえば、
どうしてもどこか「他人事」になってしまいます。
それは当然のことです。

しかし、1店目ともなれば、少なからず人生を懸けておこなうもの。
そこにどれだけの想いが込められていたかが、
後のチェーンの成長に、大きく響いてきます。

 

これは決して、抽象的な精神論の話ではありません。

社長自身がお店に対して一生懸命になると、
立地のことを必ずしっかり考えるようになります。

そして、そのうちお店が増えていくと、
そのチェーンの立地の成功要因と失敗要因が、
分析によって目に見えて分かるようになってきます。

この時、社長がこれをきちんと把握し、言葉にできているならば、
その下についていく社員も、理解できるようになるのです。

逆に、社長自身が理解し、説明できなければ、
社長よりもお店への愛着の薄い社員たちが、
どうして理解できるはずがありましょうか。

 

 

世の中には、ただ、

「売れる物件を見つけてこい」

と、無茶な指令を社員に下す社長もいますが・・・・

そうした社長の元に就いてしまった店舗開発部員は、
どうしてやる気を出すことができるでしょうか。

 

 

立地についてしっかり分かっている社長は、

「周辺人口が●●人以上で、駅から●●m以内で、
間口が●●m以上で、交差点から●●・・・・」

というように、探してくるべき物件の具体的なイメージを社員に伝えられます。

そうしたものがある場合と無い場合とで、
店舗開発部員のやり易さは雲泥の違いがあるでしょう。

このことは、想像に難くないはずです。

 

 

社長の真の度量が試されている時代

店舗開発者の最上の使命が、
「売上げが高く、利益をたくさん生むお店を開店させること」
という話は、以前にも書きました。

であれば、その一方で社長の使命は、
「お店を増やし続けること」
になります。

 

これについては、もしかしたら色々賛否両論あるかもしれませんが、
ショップビジネスでいかにして最大多数の最大幸福を実現するか、
ということを考えるならば、これ以上のものはないでしょう。

 

 

お店を増やし続けるためには、佳き店舗開発部員が必要です。

佳き店舗開発者を育てるためには、
誰より社長自身が、店舗開発に真剣でなくてはなりません。

店舗開発に真剣であること・・・・すなわち、
お店の立地について真剣であること、です。

立地判定を、売上予測を、自らしっかりおこなえる社長は、
お店を着実に増やしていくことができます。

そうした社長のもとには、佳き店舗開発者が集まり、
ひいては佳き物件が集まり、チェーンが拡大していくのです。

 

 

財政がなんだ、不況がどうだと言っても、
お店を増やし続けるチェーンはいくつもありますし、
日々新しい業態、お店も増え続けています。

むしろ、どんどん厳しくなっていく情勢の中にいるからこそ、
社長の度量が、そして店舗開発の真摯さが、試されます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事