もしあなたが、フランチャイズ(以下FC)の加盟店募集に応じようとしているなら、
必ず知っておかなければならないことがあります。

 

それは・・・・

 

「立地の判断を、本部任せにしてはいけない」

 

ということです。

また、

 

「不動産屋は物件を紹介してくれるくらいだから、
立地のことも分かっているはず」
と考えるのも、大きな大きな誤り

 

ということも知っておかねばなりません。

 

 

FC本部も仲介業者も立地のことは全く分かっていない

これは残念ながら真実なのですが、
多くの場合、
 
FC本部も仲介業者も、
立地の問題は持て余しています。

「どこに出店したら繁盛するか」
なんて、ほとんど分かっていないのです。

 

確かに、もしあなたが「初めての出店」なら、
FCを展開しているチェーン企業の方が、
立地についてはよほど詳しく見えるでしょう。
 
それ自体は、まぁ確かに誤りではありません。
企業には、これまでいくつも出店してきた経験がありますからね。

 

ところが、FC本部が本当に詳しいのは、
 
「何をどうやって売るか」
というビジネスモデルの方であって、
 
「どこで売るか」
という立地判定については、
ほとんど分からないことが多いのです。

 

ですから、あなたがFC本部の担当者に、
物件の立地の良し悪しについて質問すれば、
担当者も本心では困ってしまいます。
 
そして、悪い時は苦し紛れに適当な、
間違ったことを答えてしまうかもしれません。

 

 

こうしたことは、不動産仲介業者も同じです。
 
彼らは、多くの物件を見てきてはいますけれども、
どの物件、どんな立地でどんな商売が繁盛するかは、
せいぜい、「なんとなく」でしか知り得ません。
 
彼らは、物件そのものの機能的な部分について、
「飲食に向いてますよ」
「コンビニが最適です」

などというようなことは教えてくれますが、
お店の立地、つまり「集客」については、
売れる・売れないを教えてくれるわけではないのです。

 

運が良ければ、
「以前に入っていたテナントは月商●●万円くらいでしたよ」
などという情報を教えてくれるかもしれません。
それは、とても貴重な機会です。
 
しかしほとんどの場合は、紹介された物件に対して、
「どれくらい売上げいきますか?」
なんて聞いても、

「そんなこと知りませんよ」「そんなこと知りませんよ」「そんなこと知りませんよ」

と言われてしまうでしょう。

 

 

 

FC本部や仲介業者が立地について答えられない理由

こうしたことになるのは、別に、
FC本部の担当者や仲介業者たちが、
意地悪だからというわけではありません。
 
お店が繁盛するかどうかは、
彼らの「業務範囲外」なのです。

 

そもそも彼らの仕事は・・・・
FC本部の担当者であれば、
 
「1つでも多くの加盟店を増やすこと」
 
に他なりません。

 

そのため、候補物件に悪条件があったとしても、
それをなかなか前面に出して言えないのが実情です。
 
知らず知らずのうちに、あなたに開示される情報は、
その物件の長所だけになってしまうかもしれません。
 
しかも、「聞いても教えてくれない」なら悪意も感じられますが、
「そもそも知らない」のであれば、答えようがないのです。

 

「繁盛する立地を探すシステム」とは、
非常に、開発するのが困難なものです。
 
FC本部だって、自社のブランドをどんどん展開していきたいでしょうが、
「どこに出したらちゃんと売れるのか」が分からないのです。

 

 

だからこそFCシステムにして、
店舗展開は他者に任せる、

 
という側面もあるのです。

 

自社で直営店を出店して失敗のリスクを負うよりも、
加盟店からロイヤリティーをもらった方が、
よっぽど企業としての売上げは安定しますよね。
 
売上予測システムや出店戦略が盤石でないからこそ、
リスクを下げて利益を取るために、FCという仕組みを使う
という、FC本部側の思惑も、知っておかなくてはなりません。

 

 

 

こうした理由で、チェーン本部ですら、自社の業態の立地を熟知するのは、
そう簡単なことではありません。
それを思えば、不動産業者が、知らないお店の立地のことを分からないのは、
当たり前といえば当たり前のことですよね。
 
世の中には山のように業種業態があるのですから、
そのどれがどこで出店したら繁盛するかなんて、
それを解き明かすには膨大な時間と労力が必要なのです。

 

 

 

△立地が分からない 〇そもそも分かろうともしていない

そして、FC本部も仲介業者も、こうした背景から、
 
そもそも「立地のことを分かろうとしない」ということも多くあります。

 

 

 

だって、そうじゃないですか。
 
立地の良し悪しが分かるようになってしまったら、
どんどん、自分たちの仕事がやりにくくなるかです

 
FC加盟店の売上げについて、前もって知る術を持ってしまえば、
加盟する人たちに対して、売上げを保証しなければならなくなるでしょう。
 
「売れなかったら本部のせいだ!!」
と、裁判沙汰にされてしまうかもしれません。

 

そもそもどんな高精度な予測モデルだって、
完璧な予測はできないのですが・・・・
 
それなのに、予測を外して加盟店が失敗したら、
本部は訴えられる危険性があるわけです。

 

そんなリスクは背負えないから、
「いくら売れるか」には、
最初から答えたくない
のです。

 
加盟店が繁盛するかどうかに、
そこまで責任はもちたくないのです。

 

 

 

 

FC本部や仲介業者の本来の仕事

FC本部の仕事は、
「良いビジネスモデルを教えてあげる」
ということ。
 
そのモデルを使って、どこでビジネスをやって、
どう工夫して繁盛させていけるかは、
加盟店側の問題・・・・
 
というふうにしておきたいのです。
 
仲介業者も、まったく同じことです。

 

 

 

これ、多少極端な言い方をしてはおりますが、
大筋では真実なのです。

 
別に、FC本部や不動産仲介業者が、
特別にあこぎな商売をしてるわけでもなければ、

断じて、詐欺まがいなわけでもありません。
 
(たまに意地悪な本部や業者もありますが) 
 
多くのFC本部や不動産業者は、とても善良で、しかしながら、
求められることの難易度と、それにかかる責任とリスクゆえに、

 

「立地のことなんか分かりたくない」

 

という思いがある人が、少なくありません。

 

 

 

FCシステムは、とても魅力的なものです。
素晴らしいビジネスモデルが、たくさんあります。
 
個人がそれをゼロから作り上げることを考えたら、
はるかに効率的で、資金も少なくて済むでしょう。
 
ですから、FCに加盟することは、悪いことじゃないですし、
むしろひとつの、ビジネスの王道でもあります。
 
いち企業で、様々なFCに加盟しているところも、
いくつもあるくらいですしね。
(メガフランチャイジーと呼ばれます)

 

 

 

また、不動産仲介業者も、物件情報を集めるネットワーク、
これは、いち個人では決して知り得ないものです。
 
立地が悪い物件であっても、情報をもらえるだけでも、
それは素晴らしいことなのです。

 

 

 

ただ、FC本部にも、業者にも、
あまり過度な期待をするべきではありません。
 
それは、贅沢というものだからです。
 
簡単に儲かる、すぐにうまくいくビジネスなんてないんですから、
FCに加盟して、ビジネスの中身をポンッともらえるなら、
じゃあせめて、立地開発くらいは自分でやらなければいけません。

 
そういうことです。

 

 

このことを、肝に銘じておいていただきたいと思います。
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事