立地分析ケーススタディの記事一覧
【立地分析00010】瀬戸内海と山岳に挟まれ、小集落と工場地帯がメイン商圏(道路延伸による+αもあり)
【立地分析00009】人口密集エリア住民の行動ベクトルには乗らないが店前道路を使って商業集積にアクセスする人々を吸引できるかもしれない
【立地分析00008】近くに人口密集エリアがあっても行動ベクトルから外れていたら吸引できずメイン客層は別の人々になる
【立地分析00007】PC由来のTGに隣接しているとともに商業集積へ向かう動線上
【立地分析00006】一見して閉鎖商圏だが地域住民が集まってくる理由があり商圏は実質的に薄く長く広がる
【立地分析00005】PCの住民含む駅北側の人々が駅を利用する際に一点集中する出入り口に近接
【立地分析00004】大型オフィスビルの通勤動線上だが競合店が多い上に立地で勝てていない
【立地分析00003】靖国通りの北側と南側でわずかに差が出る立地の良否
【立地分析00002】人通りの多い表通りばかりが良い立地ではない
【立地分析00001】オフィス街の地下鉄駅出入り口TGを押さえることで駅利用者を効率的に吸引