立地分析ケーススタディの記事一覧
【立地分析00030】近隣のポイントとなるTG同士を繋ぐ動線上であるとともに店舗自体もTGに隣接
【立地分析00029】大きな川を渡れる橋のたもとで集客効率は良いものの、商圏は狭い
【立地分析00028】大型運動公園の駐車場入り口に近く、その利用者を効率的に吸引できるが、逆にそれ以外の人々の来店はほとんど望めない
【立地分析00027】山岳や河川に囲まれ薄く長く伸びる人口過疎エリアの、比較的人々が集まりやすい場所
【立地分析00026】大規模団地群PCの人々が駅へ向かう際に集中する可能性の高い交差点TGに近接し効率よく集客できる
【立地分析00025】郊外にある大型の野外公園の入り口に近接し、その利用者がメイン客層となることに加えて工場の就業者も吸引
【立地分析00024】山口市と防府市を行き来する山間を抜ける道沿いにあり、強い競合インパクトが発生して悲惨なことになっている
【立地分析00023】物理的には駅前店ではあるものの、実質的に駅利用者を吸引することは難しい
【立地分析00022】市役所との間の空白エリアのニーズは吸引できるが、狭い商圏でポテンシャルは小さい
【立地分析00021】ポテンシャルの小さい閉鎖商圏内で、商業エリアや交差点TGから離れて効率的な集客は難しい状況